ご利用料金

入所料金表

R2年4月現在

ご利用料金例(※おおよその利用料(ひと月あたり))

介護保険1割負担、[従来型個室]をご利用の場合

介護度利用日数介護給付費その他料金
(食費1,700円、居住費2,800円)
ご利用料金
要介護1 30日/月 28,560円~ 135,000円 163,560円~
要介護2 30日/月 30,960円~ 135,000円 165,960円~
要介護3 30日/月 32,940円~ 135,000円 167,940円~
要介護4 30日/月 34,800円~ 135,000円 169,800円~
要介護5 30日/月 36,660円~ 135,000円 171,660円~

介護保険1割負担、[多床室]をご利用の場合

介護度利用日数介護給付費その他料金
(食費1,700円、居住費750円)
ご利用料金
要介護1 30日/月 31,200円~ 73,500円 104,700円~
要介護2 30日/月 33,630円~ 73,500円 107,310円~
要介護3 30日/月 35,700円~ 73,500円 109,200円~
要介護4 30日/月 37,500円~ 73,500円 111,000円~
要介護5 30日/月 39,300円~ 73,500円 112,800円~

下記の該当する加算が、上乗せされます
◎介護保険負担限度額認定証をお持ちの方は、食費・居住費の負担が一定額軽減されます。
◎当施設では、ご本人の所得に応じて、ご利用料が減額・免除される制度がございます。

介護給付費(※介護保険1割負担の場合

内容従来型個室多床室備考
要介護1 762円 845円 -
要介護2 836円 921円 -
要介護3 900円 985円 -
要介護4 958円 1,043円 -
要介護5 1,016円 1,099円 -
サービス提供体制強化加算 I 19円 国が定める基準を上回る介護福祉士を配置している場合
夜勤職員配置加算 25円 国が定める基準を上回る職員(看護・介護職員)を配置している場合
栄養マネジメント加算 15円 栄養ケア計画を作成し、栄養管理や定期的に評価等を行った場合
認知症ケア加算 78円 日常生活に支障を来たすような症状・行動又は意思疎通の困難さが見られる入所者に対して、サービスを提供した場合
在宅復帰在宅療養療養支援加算Ⅱ 48円 一定割合以上の在宅復帰・支援を実現している場合
外泊費用 372円 外泊された場合(1ヶ月に6日限度)
外泊時在宅サービス利用費用 822円 外泊(初日と最終日は除く)時に施設が在宅サービスを提供した場合(月6日を限度)
若年性認知症利用者受入加算 124円 若年性認知症の入所者に対して、サービスを行った場合
初期加算 31円 入所後30日間
短期集中リハビリテーション実施加算 247円 入所後3ヶ月の間に集中的にリハビリテーションを行った場合
認知症短期集中リハビリテーション実施加算 247円 認知症の入所者に対して、入所後3ヶ月の間に集中的にリハビリテーションを行った場合(週3回を限度)
療養食加算 7円 入所者の心身の状況に合わせ、糖尿病食・腎臓病食・肝臓病食等の療養食の提供を行なった場合(1日に3回を限度)
低栄養リスク改善加算 309円 低栄養リスクの高い入所者に対して、多職種が協働して低栄養状態を改善するため栄養・食事調整等を行った場合
再入所時栄養連携加算 411円 医療機関に入院し、施設入所時とは大きく異なり、再入所後の栄養管理に関する調整を行った場合加算されます。
口腔衛生管理体制加算 31円 歯科医師等が、月に1回以上介護職員に対して口腔ケアに関する助言や指導を行い、その指導に基づき口腔ケアマネジメント計画書を作成された場合加算されます。
口腔衛生管理加算 93円 歯科医師の維持を受けた歯科衛生士が利用者に対して、口腔ケアを月4回以上行った場合に加算されます。
経口維持加算 I 411円 著しい摂食機能障害を有し、誤嚥が認められた場合
経口維持加算 II 103円 摂食機能障害を有し、誤嚥が認められた場合
経口移行加算 29円 経管により食事を摂取されている入所者に対して、経口摂取を進めるために栄養管理を行った場合
地域連携診療計画情報提供加算 309円 入所者に係る診療情報を文書により計画管理病院に提供した場合(大腿骨頚部骨折・脳卒中)
認知症情報提供加算 360円 過去に認知症の確定診断を受けていない入所者が、認知症のおそれがあり国が定める機関に紹介を行った場合
認知症行動・心理症状緊急対応加算 206円 認知症のため、在宅生活が困難になるなどし、緊急にサービスを行った場合(入所後7日を限度)
所定疾患施設療養費 493円 投薬、検査等必要な処置を行った場合(肺炎・尿路感染・帯状疱疹)
緊急時治療管理加算 532円 入所者の容体が急変し、緊急時に所定の対応を行った場合
ターミナルケア加算 165円 医師が医学的知見に基づき回復の見込みがないと診断した場合
・死亡日以前4日以上30日以下
・死亡日前日及び前々日
・死亡日
843円
1,695円
入所前後訪問指導加算(Ⅰ) 463円 入所予定前30日以内又は入所後7日以内に入所者の居宅を訪問し、施設サービス計画書を作成した場合
入所前後訪問指導加算(Ⅱ) 493円
試行的退所時指導加算 411円 退所が見込まれる入所期間が1ヵ月を超える入所者を居宅において試行的に退所、家人等に療養上の指導を行った場合
退所時情報提供加算 514円 入所者の主治医に対して、診療情報を提供した場合
退所前連携加算 514円 居宅介護支援事業者に対して、必要な情報を提供し、かつ連携して退所後の居宅サービスの利用に関する調整を行った場合
訪問看護指示加算 309円 退所後訪問看護が必要と認められ、訪問看護ステーションに対し指示書を交付した場合
かかりつけ医連携薬剤調整加算 129円 施設医師とかかりつけ医が事前に合意し、処方方針に従って減薬する取り組みを行った場合
褥瘡マネジメント加算 11円 褥瘡発生を予防するため、定期的な評価を実施し、計画的に管理した場合(3ヵ月に1回を限度)
排せつ支援加算 103円 排泄障がいの入所者に対し、多職種が協働して支援計画書を作成し、計画に基づき支援した場合
身体拘束廃止未実施減算 10%減/1日 国の定める基準に満たない場合
介護職員処遇改善加算 I 3.90% 国が定める基準を上回り、指定を受けたサービスを行った場合
介護職員特定処遇改善加算 I 2.10% 国が定める基準を上回り、指定を受けたサービスを行った場合

その他料金

食費・食材費    施設設定額  1,700円
第3段階  650円
第2段階  390円
第1段階   300円
居住費     施設設定額 従来型個室:1,700円 / 多床室:750円
第3段階 従来型個室:1,310円 / 多床室:370円
 第2段階 従来型個室:490円 / 多床室:370円
 第1段階  従来型個室:490円 / 多床室:0円
特別な室料   従来型個室:1,100円

加算料金

電気持込料 55円 1機種につき
文書料 2,200~5,500円 1通につき
受領証明書代 550円 1ヶ月分につき
肺炎球菌ワクチン接種料 8,380円  
その他予防接種料 実費  
処置材料費 3,500円  
サイドナビ