ご利用料金

短期入所(ショートステイ)料金表

R2年4月現在

ご利用料金例(※おおよその利用料)

介護保険1割負担、[従来型個室]をご利用の場合

介護度利用日数介護給付費その他料金
(食費1,700円、居住費2,800円)
ご利用料金
要介護1 2泊3日 2,895円~ 13,500円 16,395円~
要介護2 2泊3日 3,123円~ 13,500円 16,623円~
要介護3 2泊3日 3,327円~ 13,500円 16,827円~
要介護4 2泊3日 3,510円~ 13,500円 17,010円~
要介護5 2泊3日 3,690円~ 13,500円 17,190円~

介護保険1割負担、[多床室]をご利用の場合

介護度利用日数介護給付費その他料金
(食費1,700円、居住費750円)
ご利用料金
要介護1 2泊3日 3,150円~ 7,350円 10,500円~
要介護2 2泊3日 3,390円~ 7,350円 10,740円~
要介護3 2泊3日 3,594円~ 7,350円 10,944円~
要介護4 2泊3日 3,774円~ 7,350円 11,124円~
要介護5 2泊3日 3,957円~ 7,350円 11,307円~

下記の該当する加算が、上乗せされます
◎介護保険負担限度額認定証をお持ちの方は、食費・居住費の負担が一定額軽減されます。
◎当施設では、ご本人の所得に応じて、ご利用料が減額・免除される制度がございます。

介護給付費(※介護保険1割負担の場合)

内容従来型個室多床室備考
要介護1 819円 900円 -
要介護2 892円 976 -
要介護3 956円 1,040円 -
要介護4 1,013円 1,097円 -
要介護5 1,070円 1,155円 -
サービス提供体制強化加算 I 19円   国が定める基準を上回る介護福祉士を配置している場合
夜勤職員配置加算 25円   国が定める基準を上回る職員(看護・介護職員)を配置している場合
個別リハビリテーション実施加算 247円   理学療法士などが個別にリハビリテーションを行なった場合
認知症ケア加算 78円   日常生活に支障を来たすような症状・行動又は意思疎通の困難さが見られる入所者に対して、サービスを提供した場合
在宅復帰在宅療養療養支援加算Ⅱ 48円   一定割合以上の在宅復帰・支援を実現している場合
送迎加算(片道) 189円   利用開始および利用終了日の際、ご自宅までの送迎を行なった場合
重度療養管理加算 124円   要介護4または5であって、手厚い医療が必要な状態にある利用者に対し、医学的管理のもとサービスを実施した場合
緊急短期入所受け入れ加算 93円   ご家族の事情(ご入院など)により、緊急に短期入所療養介護の利用が必要になった場合
若年性認知症利用者受入加算 124円   若年性認知症の入所者に対して、サービスを行った場合
療養食加算 9円   入所者の心身の状況に合わせ、糖尿病食・腎臓病食・肝臓病食等の療養食の提供を行なった場合(1日に3回を限度)
認知症行動・心理症状緊急対応加算 206円   認知症のため、在宅生活が困難になるなどし、緊急にサービスを行った場合(入所後7日を限度)
緊急時治療管理加算 532円   入所者の容体が急変し、緊急時に所定の対応を行った場合
身体拘束廃止未実施減算 10%減/1日   国の定める基準に満たない場合
介護職員処遇改善加算 I 3.90%   国が定める基準を上回り、指定を受けたサービスを行った場合
介護職員特定処遇改善加算Ⅰ 2.10%   国が定める基準を上回り、指定を受けたサービスを行った場合
日帰りショートステイ 674円   3時間以上4時間未満の場合
933円   4時間以上6時間未満の場合
1,295円   6時間以上8時間未満の場合

その他料金

食費・食材費    施設設定額  1,700円
第3段階  650円
第2段階  390円
第1段階   300円
居住費     施設設定額 従来型個室:1,700円 / 多床室:750円
第3段階 従来型個室:1,310円 / 多床室:370円
 第2段階 従来型個室:490円 / 多床室:370円
 第1段階  従来型個室:490円 / 多床室:0円
特別な室料   従来型個室:1,100円

加算料金

電気持込料 55円 1機種につき
文書料 2,200~5,500円 1通につき
受領証明書代 550円 1ヶ月分につき
肺炎球菌ワクチン接種料 8,380円  
その他予防接種料 実費  
処置材料費 3,500円  
サイドナビ